MENU

転職サイトに登録するメリット

転職サイトに登録するメリットとしては、このような点があります。

 

・転職の相談が受けられる

 

特に転職を迷っている人は、話を聞いてもらうことが大切。

 

コンサルタントによるキャリアカウンセリングも受けられるので、そもそも転職すべきかどうかという点から相談できるという点がメリットです。

 

・求人情報が多い

 

看護師専門の転職サイトなので、各病院・施設などから多くの求人が入ってきます。
転職サイトによっても異なりますが、その数は数万〜数十万件にも。

 

転職サイトによって募集診療科目や各種条件など異なることがあるので、複数サイトで見比べてみるといいでしょう。

 

・応募書類の書き方などのアドバイスが受けられる

 

転職する際に悩むのが、応募書類の書き方や退職交渉。

 

しっかりと添削してよりアピールできる書類が作成できます。

 

また、退職交渉に関するアドバイスや転職先への入職日の調整などのサポートも行ってもらえます。

 

・病院・施設の内情がわかる

 

応募先を決める際に気になるのが、病院・施設の内情。
これを自分で調べようと思うと、かなりの手間がかかります。

 

転職サイトのコンサルタントは、自分で足を運んで調べているので、内情を把握しています。

 

気になる点があれば、積極的に質問してみましょう。

 

・入職後のサポートをしてもらえる

 

入職後も、いろいろなギャップがあったり、仕事上の悩みなどが出てきます。

 

そういった時、転職サイトのコンサルタントに相談すると、病院に話をしてもらえることもあります。

 

もし相談したいことがあれば、利用してみるといいでしょう。

転職サイト以外のハローワークや看護師協会での転職とサービスの比較

求人数

 

ハローワーク 35,468件(正職員) 25,292件(パート)
https://www.hellowork.go.jp/servicef/130020.do?action=initDisp&screenId=130020
※「専門的・技術的職業」→「保健師、助産師、看護師」で検索。
看護師協会 13,094件(正職員、パート、臨時含む)
https://www.nurse-center.net/nccs/jb02/jbd0321

 

所在地

 

ハローワーク 47都道府県
http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html
看護師協会 47都道府県
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/eNursecenter/PrefNClist.pdf

 

利用時間

 

ハローワーク 平日 8時30分〜18時(地域によって異なる)
看護師協会 平日 9時〜17時(電話相談は19時まで)

 

※インターネットでの検索は24時間利用可能

 

メリット

 

ハローワーク

 

・主要都市にあるので、比較的通いやすい
・無料で出せるので、予算の少ない中小病院がよく求人を出している
・転職サイトでカバーしていない地域の求人が集まりやすい

 

看護師協会

 

・無料で出せるので、中小病院や診療所の求人が多い
・転職サイトがあまり来ないような地域の求人が集まりやすい
・元看護師が相談にのるので、悩みを聞いてもらえやすい

 

デメリット

 

ハローワーク

 

・医療に関する知識がほとんどない
・ブラック病院の求人が入っていることがある
・平日のみなので、紹介してもらいたくても通えないことも多い

 

ナースセンター

 

・総合病院など大きな病院の求人は出回りにくい
・各都道府県1つしかないため、遠方だと通いにくい
・平日のみなので、通えない場合がある

転職活動はいつからすればいい?

転職活動をいつから開始すればいいのかについては、あなたがいつ転職したいかによって変わってきます。

 

そこで、転職に適した時期から考えて、いつごろから開始するといいかについて考えていきたいと思います。

 

看護師の転職、ベストな時期とは?

 

新しい病院・施設に入職する時期という点で考えると、次の4つが最も良いといえます。

 

4月
9月
12月
1月

 

4月は新卒看護師が入職するため、病院側も研修体制が充実しています。そのため、ブランクが空いている方、未経験の科目に挑戦する方に最適な時期です。

 

9月は4月から見て、ちょうど上半期が終わる月です。そのためボーナスを貰ってから転職する看護師が多い時期ともいえます。

 

12月〜1月は、年末年始の時期に当たります。この時期に入職する人は、「新しい気持ちでスタートしたい」と考える人が多いようです。

 

いつごろからスタートするといいの?

 

転職活動の主な流れは、下記のようになります。

 

1.求人情報収集

 

2.応募、面接

 

3.転職先決定、入職

 

退職の申し出は、多くの病院で就業規則にて大体1ヶ月〜2ヶ月前に申し出るように定められています。

 

そのことを考えると、入職希望時期の3〜4ヶ月前から活動しはじめることが必要です。

 

4月入職を希望する場合は、12月〜1月。
9月入職を希望する場合は、5月〜6月。
12月〜1月入職を希望する場合は、8月〜9月。

 

求人が多くなる時期に合わせて情報収集をはじめられるように活動することが大切です。

オススメの看護師転職サイト 4選

公開求人数(2017年3月22日現在)

 

看護のお仕事 31,518件 (事業所件数 20,167件)※正看護師で検索
ナース人材バンク 169,761件
マイナビ看護師 15,664件※看護師で検索
医療ワーカー 41,779件

 

非公開求人数(2017年3月22日現在)

 

看護のお仕事 非公開(事業所情報は全国約12万件)
https://kango-oshigoto.jp/
ナース人材バンク 約10〜11万件(HPにある「約40%は会員限定」を参考に類推)
https://www.nursejinzaibank.com/
マイナビ看護師 非公開
https://kango.mynavi.jp/
医療ワーカー 17,547件(HPに記載の件数から)
http://iryouworker.com/

 

登録方法

 

看護のお仕事 インターネット、電話
ナース人材バンク インターネット、電話
マイナビ看護師 インターネット、電話
医療ワーカー インターネット、電話

 

事業所数

 

看護のお仕事 国内13ヶ所
ナース人材バンク 15事業所
マイナビ看護師 16支社
医療ワーカー 全国12ヶ所

 

取り扱い求人

 

看護のお仕事 常勤、パート・アルバイト
ナース人材バンク 常勤、パート・アルバイト
マイナビ看護師 常勤、パート・アルバイト
医療ワーカー 常勤、パート・アルバイト、派遣、応援看護師

 

特徴

 

看護のお仕事

 

・専任のキャリアアドバイザーが職場の人間関係や設備、夜勤情報などの豊富な内部情報を把握している。
・約12万件の事業所情報を有している。
・医療業界専門なので、看護師の立場に立ったサポートが受けられる。
・最大12万円の転職支援金を支給。
・細かいこだわりがあっても、丁寧に探してもらえる。

 

ナース人材バンク

 

・求人数は約15万件以上保有、病院や介護施設だけでなく、治験企業や一般企業などの希少求人まで幅広く対応している。
・医療業界全般の転職支援を行っているエス・エム・エスの子会社が運営、全国の医療機関などと太いパイプがある。
・年間約10万人の看護師が利用、紹介実績も豊富。
・全国主要都市に支社があり、地域専任のアドバイザーからサポートが受けられる。
・細かい希望条件があっても、しっかりと対応してもらえる。

 

マイナビ看護師

 

・マイナビ転職で知られる株式会社マイナビが運営している。
・有給休暇取得率や職場の人間関係などの内部情報をヒアリングするなど、徹底したサポート体制がある。
・マイナビグループの信用があり、独占紹介できる求人を多数有する。その他にも、未経験可、ブランクOKなどの細かい条件にも対応。
・定着率の低い医療機関は紹介しないというスタンスで厳選しているため、満足度が高い
・プライバシーマークを取得しているので、情報漏洩などの不安も少ない

 

医療ワーカー

 

・医療関連職の転職支援を行っており、全国の医療機関などと太いパイプを持っている。
・医療業界を知り尽くしたキャリアコンサルタントが多数在籍、手厚いサポートが受けられる。
・常勤職員の求人が主要ながら、パート・アルバイトの求人や夜勤専従、リゾート地などの応援看護師の求人も融資、幅広い希望に対応している
・サイトに出していない求人も多数(非公開求人だけで全体の70%)あり、午前のみの勤務希望などの細かい条件にも対応可能。
・職業紹介優良事業者の認定を取得している。

看護師転職サイト 看護のお仕事のコンサルタントって何をしてくれる?

看護師は職場環境によって待遇や年収、福利厚生なども変わりますので、転職されるケースが非常に多いです。看護師の転職を全面的にサポートする転職サイトも多く、「看護のお仕事」もその1つ。ここでは看護師の転職サイトである「看護のお仕事」のキャリアコンサルタントについて説明しましょう。このキャリアコンサルタントはいったいどのようなサポートをしてくれるのでしょうか?

 

【専任のキャリアコンサルタントがサポートをする看護のお仕事】

看護のお仕事では1人1人の転職を全面的にバックアップするために、専任のキャリアコンサルタントがサポートを行っています。専任のキャリアコンサルタントが担当することで1人1人のニーズに応えやすくなり、転職する看護師の気持ちを大切にすることができます。
看護師2

【キャリアコンサルタントは何をしてくれるの?】

看護のお仕事に登録されると、登録確認後1営業日以内には専任のキャリアコンサルタントが電話をかけます。その人に合ったサポートをさせていただくために、転職を希望する勤務地や勤務時間など条件面に対することや、看護師経験について、さらには転職活動に対する不安など、キャリアコンサルタントと話す時間を設けております。キャリアコンサルタントは、転職を希望する看護師から聞いた内容を元に、希望に合う求人条件を紹介していきます。その求人情報の中から、気になった求人を選んでいただければ、コンサルタントが書類選考や面接などの準備を進めていきます。

 

【専任のキャリアコンサルタントの変更もOK】

看護のお仕事では、専任のキャリアコンサルタントの変更も受け付けております。女性のコンサルタントにしてほしいなどの希望にも柔軟に対応させていただきますので、ご相談下さい。また連絡が来る時間を変更したいというちょっとした要望も受け付けております。また転職先の面接前には、仕事先に合わせた面接のアドバイスも積極的にさせていただきますので、ご安心下さい。手厚いサポートを希望される方に専任のキャリアコンサルタントがいる看護のお仕事はおすすめです。

 

他の看護師はどこを使っている?

転職を考えている多くの看護師は転職サイトの複数登録を考えています。
バイトの求人に強い転職サイトや地方の病院に強い転職サイトなど転職サイトによって得意なジャンルや分野があります。
なので看護のお仕事で見つけるんだ!!と頑なにならずに複数の転職サイトへ登録して自分にあう転職サイトを見つけてください。

ちなみにサイト管理人のおすすめはこんな感じです。
バイトや派遣などの看護師ダブルワークをしたい人は看護のお仕事派遣とマイナビ看護師
東京や大阪などの都市部での転職ならナース人材バンク、看護のお仕事、マイナビ看護師
地方なら看護roo、看護のお仕事、ナース人材バンク
高収入の看護師求人なら看護のお仕事、ナース人材バンク
総合的な看護師転職なら看護のお仕事、ナース人材バンク、マイナビ看護師がおすすめです。

看護のお仕事派遣と看護のお仕事って何がちがうの?内容を比較

看護師転職サイトはたくさんあり、転職に悩む多くの看護師が登録しています。では看護師のお仕事派遣サービスサイトがあるのはご存知でしょうか?ここでは看護のお仕事派遣と、看護のお仕事はどう違うのか、その内容を比較してみましょう。
看護師1

【看護のお仕事は人材紹介サービス、看護のお仕事派遣は人材派遣サービス】

看護のお仕事は、看護師の転職をサポートする人材紹介サービスをするサイトになります。たくさんの看護師の求人案件を掲示しているので、その中から気になる求人をピックアップして、面接を行っていきます。看護のお仕事は就職を目的とした転職サービスの1つになります。一方看護のお仕事派遣は、看護師としての仕事派遣をサポートするサイトであり、派遣求人に特化したサービスになっています。

 

【人材紹介サービスと人材派遣は異なることを覚えておこう】

看護のお仕事は人材紹介サービスの一種。看護のお仕事は転職先を紹介するだけなので、転職者と雇用関係はありません。つまりハローワークで就職先を紹介されるのと同じであり、転職先の医療機関や勤務条件などを交渉します。一方看護のお仕事派遣は派遣先に少尉亜してくれ、雇用契約を結びます。看護師の派遣として働きたいのであれば看護のお仕事派遣をおすすめします。

 

【看護のお仕事派遣は派遣で働く時に利用したいサービスである】

看護のお仕事は求人案件数も多く、非公開案件もたくさん持っています。しかしそのほとんどが正社員をメインとして取り扱っているので、派遣看護師として働く仕事はほとんど見つけることができません。また看護師転職サイトの中には、正社員以外にもバイトや派遣などの求人を持っているサイトもありますが、専任のコンサルタントがサポートしてくれるのはだいたい正社員への転職希望の方だけになってしまうのです。そのため派遣で働きたいという人にとっては看護のお仕事で仕事を探すよりも、看護のお仕事派遣で求人案件をチェックする方がよいでしょう。