MENU

転職サイトを通じての病院面接 履歴書の書き方を紹介

 

看護師の転職サイトを通じて病院へ面接に行くときには、履歴書を記入することになります。履歴書は第一印象と同じですのできちんと分かりやすく、丁寧に記入することが大切になります。ここでは看護師転職に伴う履歴書の書き方を紹介しましょう。

 

【空欄がないように記入することが大切】

履歴書の書き方として基本的なのは空欄がないように、必ず何かしら記入して、すべての項目を埋めるようにすることです。日付は書いた日ではなく、提出する日付を書くようにし、氏名は記入欄の大きさに合わせた文字のサイズにします。経歴に関してですが、今までの勤務先は正式名称で記入するようにしましょう。

 

【履歴書の写真は重要である】

履歴書に貼る写真は3ヶ月以内に撮影された証明写真を用意しましょう。スナップ写真を切ったものや、プリクラやインスタントカメラで撮影した写真などは使用してはいけません。またきちんとスーツやジャケットを着て、顔がはっきり見えるような髪型で撮影することが大切です。口は閉じ、口角をあげた自然な笑顔の写真がおすすめです。気になる!!看護のお仕事でもらえるお祝い金 どんな仕組みになっている?

 

【志望動機や自己PRは面接につなげる大切なツール】

履歴書の中で最も重要な部分といえば志望動機と自己PRでしょう。この2つで自分のよい点をしっかり相手側に伝えることができるかどうかが、採用になるかならないかの分かれ目になってしまいます。脂肪動悸は履歴書の中でも特に気を付けたい項目であり、よくある志望理由を丸写ししたような記載はよくありません。応募した病院に興味を持ったきっかけやどんなところに魅力を感じているのかなどを明確に記載するようにしましょう。また自分の今までのキャリアをどのように結びつけることができるのか?どのようにキャリアを生かしていくことができるのかを記入しておくことで話に幅が広がります。
自己PRに関しても仕事の実績と兼ね合わせて積極的に具体的な例を用いてアピールするとよいでしょう。どのような活躍ができるか、自分の長所はどんなところかなどを記載しておくとよいですね。
看護師3