MENU

病院以外もOK!看護師転職のススメ!資格も活かせる職場はここだ!

もちろん病院の求人に強いのはエージェントとして当たり前なのですが、病院勤務以外でも求人に強い転職エージェントを紹介しています。全国OK。

 


 

がんばって取った看護師資格を活かして働きたい!
でも、病院勤務って忙しいんだよなぁ・・・。
看護師の職場って病院以外にないのかな?

 

そこでお悩みのあなたに看護師資格を活かした病院以外の転職先をご紹介します!

 

\ 今すぐ転職を考えてる方におすすめ /

看護師さんの転職でおすすめしたい転職エージェント

 

日本最大級の看護師人材エージェントをおすすめ

病院勤務も資格を活かした病院以外も相談可能

無料なので2つ登録して相性の良い求人サイト 担当者を選ぶ方法も可能

 

看護roo 業界最大規模の転職エージェント 

 

看護rooはもっともおすすめの転職エージェントなります。
求人の総数は37,000件を超えており、全国の10万件以上の病院データも保持しているので、理想の求人が見つかる可能性が非常に高いのです。

 

病院の内部情報も長年の運営でしっかり情報を持っており転職者に提供することができます。退職交渉や給与アップなどちょっと言いづらい事もエージェントを通してサポートして貰えるのは人気が高いようです。

 

好条件の求人や転職先の人間関係の相談まで幅広く対応して頂けます。

 

 

高給与・条件求人にも対応

スキルアップや人間関係まで看護師さんの相談対応

病院側との交渉術が優れている【退職・給与交渉など】

 

 

 

マイナビ看護師! セカンドオピニオン的におすすめ

マイナビ看護師

 

あの転職サイトで有名な大手企業マイナビが運営する看護師の人材サービスです。大手なのでサービスやコンサルサポートも充実しています。クリニックや訪問看護といった特殊なケースも充実しています。

 

高収入求人の案件が多数

転職のスキルアップ

特殊な案件も選べる転職サイト

 

 

ナース人材バンク 

ナース人材バンク

 

クリニックや介護、パートといった看護師さんの細かい求人が見つかるのが看護師人材バンクです。寮の有無や、日勤のみといった自分の働きたい職場をサポートにしっかりと伝える事で、希望の転職先をサポートしてくれます。

 

ブランクや育児などに寛容な求人案件多数

非公開求人の求人数が最大規模

教育や研修体制が整っている求人案件を探している人

看護師さんは全て無料のサービス

 

 

 

 

 

看護師資格を活かせる転職先は病院以外にもたくさんある!

 

 

看護師転職で病院以外の職場や就職先ってどこがあるの?

看護師の働き先の代表は病院やクリニック、診療所などの医療系の職場がほとんどです。
80%以上の看護職員が病院と診療所で働いているほど!

 

>>看護職員の現状と推移/厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000072895.pdf

 

でも、果たして病院で働くことが看護師の最も良い働き方なのでしょうか?
実は看護師資格というのは、視野を広げてみるとさまざまな働き方ができるとても良い資格なのです!


 

そこで、病院以外で看護師として働くことができる職場はコチラです!
※空港の検疫官(厚生労働省)や保健所(主に保健師)などの公務員の多い職場は除きます。

 

・産業看護師(企業内看護師)
・学校の保健室(保健師サポート)
・治験
・有料老人ホームなどの介護福祉施設
・訪問入浴や訪問看護などの訪問系職種
・献血ルームや献血車
・イベントナースやツアーナース
・健康診断や人間ドック施設
・商業施設などの医務室や救護室

 

病院以外の職場で探すと、これだけの就業先が見つかります。
健康診断や献血ルームなどは割とポピュラーなのでご存知の方もいるのではないでしょうか?

 

でも、そのほかの職場で看護師は具体的にどのような仕事をしていくのか、まだ分からないですよね。
そこで、これらの就業先の特徴や仕事の内容などを詳しく見ていきましょう!


 

目的別で見る!病院以外の職場のススメ

 

病院以外の職場の特徴と傾向

 

求人数 求人数 給料 休日 単発 副業(ダブルワーク)
産業看護師(企業内看護師) × × ×
学校や幼稚園などの保健室(保健師サポート) × ×
治験 × ×
有料老人ホームなどの介護福祉施設
訪問入浴や訪問看護などの訪問系職種
献血ルームや献血車
イベントナースやツアーナース
健康診断や人間ドック施設 ×
商業施設などの医務室や救護室 ×

 

産業看護師|長く働きやすいため求人が少ない

産業看護師

 

産業看護師は企業内にあるクリニックなどに勤めるお仕事です。
大きなオフィスに常駐し、オフィスで働く急病患者の看病や応急処置、定期的な健康診断などを行います。
勤務はオフィスが開いている時間なので、基本的には9時〜17時、土日祝日がお休みです。

 

勤務形態が会社と同じこと、勤務先が都会で交通の便が良いため、かなり人気の就業先と言えます。
勤務する看護師の数は少ないものの労働も軽いので体力もそれほどいらず、しっかり休みが取れる環境です。
その上、医師が常駐しているところが多いため、あまり責任が重くないというメリットもあります。


 

ただし求人が極端に少なく、見つけたときにはすぐに埋まってしまいがちな人気の職種です。
求人情報に載ることはほぼない、と考えておいた方が無難です。

 

学校や幼稚園の保健室|3月〜5月に求人が増える可能性アリ

学校や幼稚園の保健室

 

学校や幼稚園の保健室も産業看護師と同様の人気求人です。
公立の小中学校は公務員の保健師ですが、私立の学校や大学、専門学校などで募集している保健師は公務員ではありません。

 

「でも、保健師の資格がないと働けないのでは?」と思われるかもしれませんね。
ところが、看護師パートを募集していることも多々あるのです。

 

例えば部活が盛んな学校や生徒数が多い学校では、保健師の手が不足しがち。
保健師のサポートとして働く看護師募集をしていることがあるのです。

 

転職サイトなどによっては幼稚園・保育園を中心に募集の特集が組まれることもあります。
特に私立の学校は春や秋になると生徒の数が変動するので、急募されることも多いです!
3〜5月が狙い目ですが、9月〜10月も求人をチェックしておくと見つかる可能性がアップしますよ!


 

治験|企業で働くため安定している

 

治験では薬などの臨床試験を行うことで薬品を開発します。
その際に、被験者の体調の管理や身体の具合を確認する仕事を行います。
看護師が務めるのはCRC(治験コーディネーター)と呼ばれる職種です。

 

治験は企業勤めになるため、基本的な勤務時間は平日の9時〜18時。
土日休みで残業も少なく、働きやすいと評判。
新薬を作るなど社会貢献度も高いので、やりがいを求める人にはとても良い仕事ですよ。

 

ただし、プロジェクトや職場によっては土日も仕事が入ることもあります。
そして看護師以外にも臨床検査技師などもCRCになれるので、ライバルが多い傾向に。

 

治験勤務をつかむためのコツは、転職先の企業との繋がりが強い転職サイトへの登録が有利です。
さらに企業転職なので、看護師転職とは面接なども少し違います。
企業転職や治験への転職に強い転職サイトなどをいくつか登録することをオススメします。


 

介護福祉施設|看護師需要が高くまったりで高給

介護

 

介護施設は看護師の配属が多く、看護師の転職先としてメジャーになってきています。
病院以外の転職先の代表は有料老人ホームやデイサービスです。

 

働き方も幅広く、パート勤務や社員勤務、非常勤、夜勤専従など様々。
ライフスタイルに合わせた働き方ができるのも介護施設の人気の秘密です。
企業での就職となるので給料も高給、看護師手当が出るなど看護師の待遇が良いのも特徴。

 

特に、35歳以上の看護師さんの転職先としてはかなり人気で、年齢が上がるにつれて就業率も上がっていきます。
年齢を重ねても働ける職場なので、まったりした職場であることが分かりますね。
そのため、病院勤務につかれた看護師さんが転職してくることも多いです。


 

介護施設であれば現場を学ぶこともできるので、実践的な介護知識を得ることもできます。
介護は今後も伸びる業界なので、今後の転職にも有利になりますよ。

 

訪問系職種|単発・副業・高給と万能な新しい医療のカタチ

 

訪問の仕事は介護や病院などに備えられている在宅サービスです。
高齢者の家庭に訪問介護や訪問入浴に向かい、バイタルや体調を診て入浴判断を行います。

 

在宅訪問になるので看護師や介護士数人で家まで伺い、そこで入浴介助をします。
1件に1時間程度はかかり、お宅訪問までの移動時間もかかります。
しかし、時給2,000円以上の高時給のところも多く、単発で入れるのもうれしいところ。

 

自由に仕事に行くことができるので、登録だけしている看護師さんも多いです。
副業(ダブルワーク)にも持ってこいの職種です。


 

献血ルームや献血車|夏は募集が多いので狙い目

 

献血ルームや献血車は日本赤十字社が行っている事業です。
献血ルームは9時〜17時半の間で業務を行っているところが多く、シフト制になっています。
休日は年末年始しかないところがほとんどですが、受け入れ時間が決まっているので定時で帰れるところがほとんどです。

 

ただし、献血車は遠征に行くことも多いため、移動に時間がかかってしまい帰りが遅くなることも。
その分の残業代はもらえますが、移動中は拘束されてしまうのがマイナスポイントです。

 

しかし、体力的にも無理なく働けるので献血専門の仕事は人気の職種です。
献血ルームは都会や大型ショッピングモールに入っているので通いやすいのもGOOD!
募集が多いのはイベントも多い夏の献血月間(毎年7月)が狙い目です。


 

イベントナースやツアーナース|楽しみながら働ける人気バイト

 

イベントナースとは、スポーツ大会やコンサートなどのイベント時に救護室で働く仕事です。
半日〜数日間と短期のバイトになりますので、副業(ダブルワーク)に向いています。
日給制や日払いで受け取れる所も多いので、お小遣い稼ぎに行く看護師も多いようです。

 

ツアーナースは合宿や修学旅行などの旅行に同行になります。
こちらは旅行参加者の服薬管理や応急処置などを行います。
宿泊があるので、数日勤務のことも多いですが、割のいい単発の仕事です。

 

イベントナースやツアーナースは単発での募集になるので、常に求人をチェックしておく必要があります。
これらは人気の仕事になるので応募が殺到しやすく、すぐに人手が集まります。
単発・副業(ダブルワーク)向けの募集の多い転職サイトに登録しておきましょう。


 

健康診断や人間ドック施設|経験者優遇の採用方式

 

市や自治体のセンター、健診専門施設などで健康診断の求人募集が定期的に行われています。
定期診断による春先や秋頃のインフルエンザのはやる前の予防接種の時期に募集が増えます。

 

健診バイトは低給料ではありますが安定的な仕事なので、こちらも看護師に人気のある職種です。
人間ドックは専門施設での募集が多く、人間ドックの介助を行います。

 

どちらも予約制が多いので残業はほとんどありませんが、数多くの患者をさばかなくてはなりません。
採血のスピードや正確性、機械の操作などの慣れが求められます。
そのため、経験者が優遇される仕事のため、経験をつんでおくことをオススメします。


 

商業施設などの医務室や救護室|イベント時は募集が増える傾向に

 

遊園地や大型デパートなどの商業施設などには医務室や救護室が設けられており、応急処置や看護する仕事です。
商業施設によっては医務室に人が来ることが少なく、常駐は1人2人しかいないこともよくあります。
オープニングなどのイベントやかき入れ時のみ単発で募集をしているところもあります。

 

ただし、基本的に募集は少なく求人に空きが少ないのが難点。
単発での募集やパート募集の多い転職サイトをこまめにチェックしておくことをオススメします。


 

病院以外の勤務って新卒や未経験者、男性でも勤務できる?

 

新卒や未経験者|最初は病院勤務の方が後の転職に有利になる

 

新卒看護師さんの転職先の代表はやはり病院やクリニックです。
その1番の理由として、臨床経験をしっかり身につけることができる現場だから。

 

看護師という職種は臨床経験や診療科目などから経験を判断されてしまう世界です。
そのため、後の転職に有利になるのは病院に勤めた経験を持っている看護師さんなのです。

 

さらに病院以外の職場は看護師の数が少ないので、即戦力が期待されます。
未経験で入ってしまうと研修もなく勤務となり、業務に終われてしまうことも。
さらに看護責任も自分にかかってきたり、判断力も必要になるため、厳しい状態になります。

 

病院以外の職場の看護師は少数精鋭です。
就業先は経験豊富な看護師を優先するため、転職に不利になります。
少なくとも3年は病院やクリニックの経験を持っておくと、職場選択の幅がより広がりますよ!


 

男性看護師|介護系や訪問系、治験などで需要が高い

 

男性看護師はどんな職場にも需要が高いです。
病院などでも必要とされているため、基本的に転職に困ることはありません。

 

中でも老人ホームやデイケアなどの介護系や訪問入浴・看護においいてはかなり重宝されます。
ご老体を抱え上げる機会などもあるので、男性看護師のパワーは求められています。

 

そのほか、治験も意外と需要があります。
治験を受ける被験者は男性であることも多いので、同性の男性看護師だと安心感があると言った点で人気があるのです。
治験は機械操作なども多いため、メカに強い男性看護師は有利になります。

 

こちらでは紹介していませんが、メンズ専門エステなどでも男性看護師は優遇されます。
病院以外でも男性看護師はさまざまな方面で需要がありますよ。


 

病院以外の看護師転職のススメ!資格も活かせる職場はここだ!まとめ

看護師の転職に悩む写真
病院以外にも、資格を活かして働ける魅力的な職場はたくさんありましたね!
最後にもう一度復習しておきましょう。

 

  1. 産業看護師(企業内看護師)
  2. 学校の保健室(保健師サポート)
  3. 治験
  4. 有料老人ホームなどの介護福祉施設
  5. 訪問入浴や訪問看護などの訪問系職種
  6. 献血ルームや献血車
  7. イベントナースやツアーナース
  8. 健康診断や人間ドック施設
  9. 商業施設などの医務室や救護室

この中でも介護福祉施設や訪問看護は求人や給料も多く、介護も学べる職場でしたね。
看護師が病院以外で最も就業している数が多い職場でした。

 

そして、献血や健診などは単発やパート、非常勤で人気の職場。
求人も多く定期的に募集が行われており、春〜夏、健診においては秋も狙い目の季節でしたね。

 

同様に単発人気が高いのはイベントナースやツアーナース、商業施設の医務室や救護室です。
これらは募集が不定期ですが、複数の転職サイトを利用すればゲットできる求人でもあります。

 

産業看護師、学校の保健室、治験は募集があまりないので、求人が出たらすぐに応募しましょうね。
長期でまったり働きたい方にはオススメの勤務先ですよ!

 

以上、看護師が働ける病院以外の職場でしたが、意外とさまざまな就業先がありますよね。
看護師は人員不足の業界なので、求人を常にチェックしておけば条件の良い仕事が発見できることもあります。

 

転職サイトを複数登録しておけば、多くの単発や人気求人がすぐに見つかるようになります。
転職サイトの登録やこまめな求人チェックを怠らないように心がけましょう!


 

看護roo

 

・最大手の看護師エージェント
・病院内部情報などのビックデータ

詳細はこちら

 

マイナビ看護師

 

・高収入求人が多数
・特殊な案件も選べる転職サイト

詳細はこちら

 

ナース人材バンク

 

・ブランクや育児などに寛容な求人案件多数
・非公開求人最大規模 

詳細はこちら

 

 


看護師が今、転職したい職場TOP3

転職したいけれど、最近は病院以外にも転職先があって迷っちゃいますよね。
総合病院は間違いないのだろうけど大変そうだし、介護系もよく聞くけれどどんなところか分からないしなぁ・・・。

 

そこで、他の看護師さんたちはどんな職場に転職したいのか、口コミと人気ランキングを調査してみました。
ぜひ転職先選びの参考にしてみて下さいね。

 

1位:クリニック・診療所

○夜勤が嫌で転職したいと思ったから、給料は少なくてもいいから夜勤のないところがいい。
○入院患者のいないクリニックなどの日、祝休みに憧れます。
○個人医院とかだと、特定の診療科専門になるから経験がそのまま活かしやすいと思う。
○仕事が一貫できるのがいいですね。実際に臨床経験がつけやすいと思います。
大きな病院は一部の仕事だけしか教えてもらえないので、意外と身にならないです。
○地元で科の異動なく働けるから専念しやすく、医師との関係も近くて症状もよくわかる。
 患者の人数が大すぎないのがちょうど良い。
○大病の患者が来ることがないので、安定的に仕事ができる。

 

なんと今、転職先として看護師に最も支持を得ているのはクリニック・診療所でした。
クリニックは入院施設が20床以下の小さな病院のことを指します。
人気の理由をご紹介します。

 

・夜勤なしで日・祝日が休みになる

クリニックは救急がないので、日・祝日や大型連休など休日が決まっています。
医療従事者で日曜が休みというのはなかなかありませんから、休みがあるのは貴重な職場かもしれませんね。

 

・仕事はまったりしているけれどスキルが身に付く

そして、クリニックは大きな病院などにくらべて比較的まったりお仕事ができるのも魅力的。
クリニックは診療科の数が少なく、来院する患者の数も大型病院にくらべ少なくなります。

 

一方でクリニックは少人数で院内をまわすことになるため、一人一人が一貫して仕事を行わなければならない環境です。
流れ作業のような仕事を行うことなく、患者に寄り添い、仕事を終えなければなりません。
救急患者も少ないので、突然忙しくなることなども少ないです。
よって、結果的に特定の診療科のスキルや知識が身に付きやすいのもクリニックの良い点です。

 

・多様化し始めているので患者からの需要も高まる

最近では診療リハビリテーションと整形外科をセットにしているクリニックや訪問事業を同時に行っているところもあります。
これから仕事が多様化していく可能性はありますが、地元を支える病院としてクリニックは地域貢献もできるお仕事です。

 

 

クリニックは休日が多くて長く働きやすいので、最後の転職にしたいという方にもオススメです。
クリニックは数が多いので、どう選べば良いのか分からないという方は、情報の多い転職サイトに相談することをオススメします。

 

2位:一般病院

○転職前の経験が活かしやすいし、いろんな症状の患者がくるところだからスキルが1番身に付きやすい所だと思います。
○ほどよい大きさで安定感がある。潰れる心配も少ないから安心して働けると思う!
○バランスの良い病院が多いです。看護師の数もいるので職場の雰囲気も良いし、ローテーションできるから休みも取りやすいし、福利厚生もいいです。
○医師が何人かいるから1人の医師と合わなくてもいいのが楽です。
○地域に根ざした病院が多いので、高齢者などは意外と知人とかもいて良く来る患者さんも多いから、患者とのコミュニケーションが取りやすいです。
○緩和ケアや看護師の研修会、健康維持イベントなど、勉強になることもある。

 

一般病院は内科や外科、泌尿器科などの診療科を持っており、クリニックよりも大きい、中規模の病院(基本的に200床未満)のことです。
軽症患者の来訪が多いけれど、最近では足繁く通う高齢者も多いので、地域によってはかなり忙しい病院もあります。
医療機器が新しい病院や入院施設が整っている病院も多いです。

 

・院内の雰囲気や患者がアットホームなところが多い

一般病院が人気の理由は大きな病院よりもアットホームな雰囲気があること。
近年では、厚生労働省によって「一般病院は地域に特化し、在宅医療のネットワークを大切にしていくように」という指針を掲げています。
そのため地域に向けたイベントも増え、以前に比べ地域貢献活動が活発になってきているのも患者との関係が良くなった1つの理由かもしれませんね。
>>「地域一般病棟」について/厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002uwgn-att/2r9852000002uwlt.pdf

 

・仕事が忙しいけれど、看護だけでなく介護スキルも身に付く

院内の配置としては大人数の患者をまわす外来と、入院病棟に別れます。
患者の症状は軽度、入院は急性期が多く、重度に関しては総合病院や大学病院への紹介を行います。
とはいえ患者の最初の窓口になりやすいのでさまざまな症状に出くわすので、知識が増える現場です。

 

外来からの緊急入院や人の出入り激しく、日々患者受け入れや部屋の清掃で慌ただしくなります。
検診室や採血室、レントゲン室、オペ室などへ患者の移動を手伝うなどの機会も多くあります。
入浴や食事介助などの介護も行わなくてはいけません。

 

人気で患者が多い病院の場合は看護師の細かい業務が多く、大変に思う方も多いでしょう。
しかし、看護技術も介護技術も安なうことができ、バランスのとれた職場な点は人気です。

 

・福利厚生が良い

看護師の数が多いので、福利厚生が整っています。
保険や財形貯蓄がある、有休などが取りやすいなど看護師が働きやすい環境を整えてくれているのも魅力です。

 

 

全体的に職場のバランスが良いことが人気の秘訣です。
一般病院は福利厚生や安定を重視する方にオススメの職場です。

 

3位:有料老人ホーム・老健などの介護施設

○とにかく給料が良い!病院にいたときより時給が高くなりました。
○基本的に入所者がずっと同じなので、ふれあいや関わりが増えていいなと思う。
○病院よりも雰囲気が明るいですね。健康な人が多いので、笑顔が多いなと思います。
○接客業に近いので、楽しいです!看護師じゃないような職種をしている気分ですね。
○バイタルや体調管理がほとんどですが、看護師の人数が少ないので責任あるお仕事です。
○介護の勉強にもなります。療養などにいた人は知識を活かせるのでオススメです!
○病院のようにみんなが同じ職種じゃないから、役割分担できているので人間関係が良好でストレスが少ないです。

 

介護系の職場は有料ホームの他に、グループホームや特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などがあります。
高齢化が進むことで高齢者向け施設が増える今、有料老人ホームや老健などの施設需要が高まっています。
なぜ病院ではなく介護施設が人気なでしょうか。

 

・企業が運営しているので高時給・高収入で働きやすい

病院と違って、有料老人ホームは企業が運営しているため、規則や給料制度などが異なります。
そのため、多くの老人ホームが病院よりも高時給・高収入になるのです。

 

首都圏の総合病院は時給1,400円〜1,900円です。
一方、介護施設は1,100円〜1,900円と幅が広いのです。
あれ?同じ金額だし、もはや総合病院の平均時給は高くなるのでは?と思われたでしょう。

 

しかし、介護施設は病院のように残業もなし、休日もしっかり取れます。
総合病院のようにオンコールがかかってくることもありません。
ほとんどの介護施設は夜勤専従がいる、もしくは介護士がいるので看護師の常駐はなしのところばかり。

 

介護施設は企業運営のため、医療施設のように看護師の規定がかからないため、好待遇を受けることができるのです。
待遇も良く働きやすいにもかかわらず、収入は同じくらいであれば、人気があるのもうなずけますね。

 

・「患者」がいない環境で落ち着いて仕事ができる

介護施設は「患者さん」はおらず、「入所者の皆さん」がおられます。
そのため容態が急変してしまう方などがおらず、基本的に落ち着いています。
バイタルや薬の管理、回診、応急処置、健康促進などを行うのが看護師の仕事です。

 

看護師の常駐人数は少なく医師がいないことも多いので、責任は大きくなります。
しかし、提携病院への搬送やご家族への連絡の徹底など、万が一の対応への理解や臨床経験は大切ですよ。

 

他職種の人や入所者との関わりも多く社会経験が身に付く

介護施設にはたくさんの職種の方が働いています。
医師や看護師、介護福祉士以外にも、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士や栄養士、受付や事務員、掃除員など医療従事者以外の人がほとんどを占めます。
ほぼ医師や看護師など医療従事者としか関わらない病院と違い、介護施設は様々な職種の方々と協働しなくてはなりません。

 

さらに入所者の方々は、「患者さん」ではなく「お客さん」に寄った存在。
丁重に対応していく必要があり、そこで行う医療行為はサービス提供の1つとなるのです。
イベントの回数も多く、関わり合いが多くなります。
病院など医療機関ではできない社会経験を積むことができるのです。

 

・介護の知識やスキルも手に入るので転職需要が高まる

高齢者社会の進む昨今では介護サービスはこれから伸びていく業界です。
最近では訪問看護や自宅看護といった出張看護サービスなども需要が高まっています。

 

これからの看護師に求められるのは看護の能力だけではなく、介護の知識や技術、高齢者の心も身体をケアできる能力も求められてきます。
こういった能力を身につけることで、将来的に介護の経験値になり、転職にも有利になります。

 

 

介護福祉施設でのお仕事はどういったものか、おわかりいただけましたか?
残業やオンコールもなく働きやすいにもかかわらず、給料は病院と同等。
介護の知識やスキルを身につけながらも、様々な人と出会い関わりながら社会経験を積める環境。

 

病院とは全く異なる環境なので、もちろん合う人合わない人といるでしょう。
いきなり飛び込むのが不安なようであれば、転職サイトに情報収集を依頼しましょう。
情報収集に強いサイトや、職場見学の依頼もできる転職サイトもありますので、聞いてみましょう!

 

 

【番外編】今、注目されている職場はどこ?

TOP3のほか、今、看護師が注目している職場を聞いてみました。
あなたの知らない興味深い職場が発見されるかも知れません!

1:治験|新薬開発に携わる治験コーディネーター(CRC)

看護師の一部で話題の治験コーディネーター(CRC)は医療機関派遣と医療機関で働く方法の2種類があります。
新薬を作成するために行う臨床試験に参加している被験者の心身のケアやサポート、健康状態を看るお仕事になります。
薬品会社や薬剤師、臨床検査技師など様々な方と関わることができます。

 

未経験でもOKと言ったところが多く、転職にそれほど不安を感じる必要はありません。
CRCに強い転職サイトなどもありますよ!

 

2:訪問(入浴)看護|単発OKでフリーな働き方を実現

最近は全国的に訪問看護事業が増えてきています。
自宅介護を行っている高齢者の家に足を運び、バイタルや体調の確認、入浴ができるかどうか判断するなどの看護を行います。

 

訪問入浴・看護は単発で入ることもできるサービス業です。
1件単位から仕事に勤務できたり、自宅から直接訪問するシステムもあります。

 

時給においては2,500円を超えるところもあり、割のいいバイトと言えるでしょう。
特に訪問入浴の場合は手伝うこともあるので、時給がアップします。
単発で高時給と、好条件の仕事なので転職活動中のバイトや子育て中のママ看護師にも人気です。

 

訪問系のサービスは福祉、看護、医療においてこれから伸びることが予想されています。
転職にも有利になることもありますので、経験を身につけておくのもオススメです。
>>地域包括ケア病棟のイメージと要件/厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000039380.pdf

 

3:ツアーナース|日本中・世界中が職場になる!?

ツアーナースは旅行に参加し、旅行者の体調管理や服薬管理、応急処置などを行うお仕事です。
お給料をもらいながら旅行にも行けるという嬉しい働き方です!

 

日帰りや1泊の短期から数ヶ月までの長期など、その期間はさまざま。
1回のツアー単位での勤務なので、単発でのお仕事で勤務ができます。

 

そのため、独身の看護師さんや子育てが終わった看護師さん、さらに常勤看護師さんの連休中の副業(ダブルワーク)でも勤務できるとかなり注目されていて話題となっています!
ただし、ツアーナースはハローワークなどでは見つかりにくい転職先です。
ツアーナースに興味のある方は、ぜひ単発求人に強い転職サイトに登録をしましょう!

 

4:産業(企業)看護師|アフター5ありの医務室勤務ができる都会的な職場

産業看護師は企業の中に入っている医務室の中で勤務をする看護師です。
大企業やビルなどで勤務しており、平日勤務になるのでとても人気があります。
主に保険会社の関連会社の医務室勤務や健康診断などの求人が多いです。
似たような職種に幼稚園・保育園勤務の看護師もあります。

 

アフター5あり、都会のオフィス勤務、平日勤務など、看護師憧れの好待遇で人気のある職種ですが、募集が少ないのが難点。
転職サイトを複数登録し、掛け持ちすることをオススメします。

 

看護師が今、転職したい人気求人ランキングまとめ

いかがでしたか??
あなたが働きたいと思ったお仕事は見つかりましたか?
最後にもう一度復習しておきましょう。

 

看護師が今、転職したい人気ランキングはこちら!
1位:クリニック・診療所
2位:一般病院
3位:有料老人ホーム・老健などの介護施設

 

1位のクリニック・診療所は全体的に夜勤もなく、総合病院などにくらべてまったり仕事ができる、働きやすいことなどが人気の理由でしたね。

 

2位の一般病院は中型の病院になるので、福利厚生や給料、職務などのバランスが良く、スキルが身につけられることも人気な理由の1つ。

 

そして意外な3位の介護施設は好待遇で高収入、さらにこれから身につけておきたい介護スキルや社会経験が身に付くことなどが挙げられます。

 

転職に関しては、その人の今までの経験や今後求めるものよって、どの職場が良いのかは一概に言えません。
そのため、転職先を探すのは非常に難しいことです。

 

そこで、「転職に失敗したくない」と思う方は、ぜひ転職サイトに登録することをオススメします。
あなたの経験や強みなどを客観的に判断して、あなたに合った職場を提供してくれますよ!
看護師転職のトップページ