MENU

看護師が今、転職したい職場TOP3

転職したいけれど、最近は病院以外にも転職先があって迷っちゃいますよね。
総合病院は間違いないのだろうけど大変そうだし、介護系もよく聞くけれどどんなところか分からないしなぁ・・・。

 

そこで、他の看護師さんたちはどんな職場に転職したいのか、口コミと人気ランキングを調査してみました。
ぜひ転職先選びの参考にしてみて下さいね。

 

1位:クリニック・診療所

○夜勤が嫌で転職したいと思ったから、給料は少なくてもいいから夜勤のないところがいい。
○入院患者のいないクリニックなどの日、祝休みに憧れます。
○個人医院とかだと、特定の診療科専門になるから経験がそのまま活かしやすいと思う。
○仕事が一貫できるのがいいですね。実際に臨床経験がつけやすいと思います。
大きな病院は一部の仕事だけしか教えてもらえないので、意外と身にならないです。
○地元で科の異動なく働けるから専念しやすく、医師との関係も近くて症状もよくわかる。
 患者の人数が大すぎないのがちょうど良い。
○大病の患者が来ることがないので、安定的に仕事ができる。

 

なんと今、転職先として看護師に最も支持を得ているのはクリニック・診療所でした。
クリニックは入院施設が20床以下の小さな病院のことを指します。
人気の理由をご紹介します。

 

・夜勤なしで日・祝日が休みになる

クリニックは救急がないので、日・祝日や大型連休など休日が決まっています。
医療従事者で日曜が休みというのはなかなかありませんから、休みがあるのは貴重な職場かもしれませんね。

 

・仕事はまったりしているけれどスキルが身に付く

そして、クリニックは大きな病院などにくらべて比較的まったりお仕事ができるのも魅力的。
クリニックは診療科の数が少なく、来院する患者の数も大型病院にくらべ少なくなります。

 

一方でクリニックは少人数で院内をまわすことになるため、一人一人が一貫して仕事を行わなければならない環境です。
流れ作業のような仕事を行うことなく、患者に寄り添い、仕事を終えなければなりません。
救急患者も少ないので、突然忙しくなることなども少ないです。
よって、結果的に特定の診療科のスキルや知識が身に付きやすいのもクリニックの良い点です。

 

・多様化し始めているので患者からの需要も高まる

最近では診療リハビリテーションと整形外科をセットにしているクリニックや訪問事業を同時に行っているところもあります。
これから仕事が多様化していく可能性はありますが、地元を支える病院としてクリニックは地域貢献もできるお仕事です。

 

 

クリニックは休日が多くて長く働きやすいので、最後の転職にしたいという方にもオススメです。
クリニックは数が多いので、どう選べば良いのか分からないという方は、情報の多い転職サイトに相談することをオススメします。

 

2位:一般病院

○転職前の経験が活かしやすいし、いろんな症状の患者がくるところだからスキルが1番身に付きやすい所だと思います。
○ほどよい大きさで安定感がある。潰れる心配も少ないから安心して働けると思う!
○バランスの良い病院が多いです。看護師の数もいるので職場の雰囲気も良いし、ローテーションできるから休みも取りやすいし、福利厚生もいいです。
○医師が何人かいるから1人の医師と合わなくてもいいのが楽です。
○地域に根ざした病院が多いので、高齢者などは意外と知人とかもいて良く来る患者さんも多いから、患者とのコミュニケーションが取りやすいです。
○緩和ケアや看護師の研修会、健康維持イベントなど、勉強になることもある。

 

一般病院は内科や外科、泌尿器科などの診療科を持っており、クリニックよりも大きい、中規模の病院(基本的に200床未満)のことです。
軽症患者の来訪が多いけれど、最近では足繁く通う高齢者も多いので、地域によってはかなり忙しい病院もあります。
医療機器が新しい病院や入院施設が整っている病院も多いです。

 

・院内の雰囲気や患者がアットホームなところが多い

一般病院が人気の理由は大きな病院よりもアットホームな雰囲気があること。
近年では、厚生労働省によって「一般病院は地域に特化し、在宅医療のネットワークを大切にしていくように」という指針を掲げています。
そのため地域に向けたイベントも増え、以前に比べ地域貢献活動が活発になってきているのも患者との関係が良くなった1つの理由かもしれませんね。
>>「地域一般病棟」について/厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002uwgn-att/2r9852000002uwlt.pdf

 

・仕事が忙しいけれど、看護だけでなく介護スキルも身に付く

院内の配置としては大人数の患者をまわす外来と、入院病棟に別れます。
患者の症状は軽度、入院は急性期が多く、重度に関しては総合病院や大学病院への紹介を行います。
とはいえ患者の最初の窓口になりやすいのでさまざまな症状に出くわすので、知識が増える現場です。

 

外来からの緊急入院や人の出入り激しく、日々患者受け入れや部屋の清掃で慌ただしくなります。
検診室や採血室、レントゲン室、オペ室などへ患者の移動を手伝うなどの機会も多くあります。
入浴や食事介助などの介護も行わなくてはいけません。

 

人気で患者が多い病院の場合は看護師の細かい業務が多く、大変に思う方も多いでしょう。
しかし、看護技術も介護技術も安なうことができ、バランスのとれた職場な点は人気です。

 

・福利厚生が良い

看護師の数が多いので、福利厚生が整っています。
保険や財形貯蓄がある、有休などが取りやすいなど看護師が働きやすい環境を整えてくれているのも魅力です。

 

 

全体的に職場のバランスが良いことが人気の秘訣です。
一般病院は福利厚生や安定を重視する方にオススメの職場です。

 

3位:有料老人ホーム・老健などの介護施設

○とにかく給料が良い!病院にいたときより時給が高くなりました。
○基本的に入所者がずっと同じなので、ふれあいや関わりが増えていいなと思う。
○病院よりも雰囲気が明るいですね。健康な人が多いので、笑顔が多いなと思います。
○接客業に近いので、楽しいです!看護師じゃないような職種をしている気分ですね。
○バイタルや体調管理がほとんどですが、看護師の人数が少ないので責任あるお仕事です。
○介護の勉強にもなります。療養などにいた人は知識を活かせるのでオススメです!
○病院のようにみんなが同じ職種じゃないから、役割分担できているので人間関係が良好でストレスが少ないです。

 

介護系の職場は有料ホームの他に、グループホームや特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などがあります。
高齢化が進むことで高齢者向け施設が増える今、有料老人ホームや老健などの施設需要が高まっています。
なぜ病院ではなく介護施設が人気なでしょうか。

 

・企業が運営しているので高時給・高収入で働きやすい

病院と違って、有料老人ホームは企業が運営しているため、規則や給料制度などが異なります。
そのため、多くの老人ホームが病院よりも高時給・高収入になるのです。

 

首都圏の総合病院は時給1,400円〜1,900円です。
一方、介護施設は1,100円〜1,900円と幅が広いのです。
あれ?同じ金額だし、もはや総合病院の平均時給は高くなるのでは?と思われたでしょう。

 

しかし、介護施設は病院のように残業もなし、休日もしっかり取れます。
総合病院のようにオンコールがかかってくることもありません。
ほとんどの介護施設は夜勤専従がいる、もしくは介護士がいるので看護師の常駐はなしのところばかり。

 

介護施設は企業運営のため、医療施設のように看護師の規定がかからないため、好待遇を受けることができるのです。
待遇も良く働きやすいにもかかわらず、収入は同じくらいであれば、人気があるのもうなずけますね。

 

・「患者」がいない環境で落ち着いて仕事ができる

介護施設は「患者さん」はおらず、「入所者の皆さん」がおられます。
そのため容態が急変してしまう方などがおらず、基本的に落ち着いています。
バイタルや薬の管理、回診、応急処置、健康促進などを行うのが看護師の仕事です。

 

看護師の常駐人数は少なく医師がいないことも多いので、責任は大きくなります。
しかし、提携病院への搬送やご家族への連絡の徹底など、万が一の対応への理解や臨床経験は大切ですよ。

 

他職種の人や入所者との関わりも多く社会経験が身に付く

介護施設にはたくさんの職種の方が働いています。
医師や看護師、介護福祉士以外にも、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士や栄養士、受付や事務員、掃除員など医療従事者以外の人がほとんどを占めます。
ほぼ医師や看護師など医療従事者としか関わらない病院と違い、介護施設は様々な職種の方々と協働しなくてはなりません。

 

さらに入所者の方々は、「患者さん」ではなく「お客さん」に寄った存在。
丁重に対応していく必要があり、そこで行う医療行為はサービス提供の1つとなるのです。
イベントの回数も多く、関わり合いが多くなります。
病院など医療機関ではできない社会経験を積むことができるのです。

 

・介護の知識やスキルも手に入るので転職需要が高まる

高齢者社会の進む昨今では介護サービスはこれから伸びていく業界です。
最近では訪問看護や自宅看護といった出張看護サービスなども需要が高まっています。

 

これからの看護師に求められるのは看護の能力だけではなく、介護の知識や技術、高齢者の心も身体をケアできる能力も求められてきます。
こういった能力を身につけることで、将来的に介護の経験値になり、転職にも有利になります。

 

 

介護福祉施設でのお仕事はどういったものか、おわかりいただけましたか?
残業やオンコールもなく働きやすいにもかかわらず、給料は病院と同等。
介護の知識やスキルを身につけながらも、様々な人と出会い関わりながら社会経験を積める環境。

 

病院とは全く異なる環境なので、もちろん合う人合わない人といるでしょう。
いきなり飛び込むのが不安なようであれば、転職サイトに情報収集を依頼しましょう。
情報収集に強いサイトや、職場見学の依頼もできる転職サイトもありますので、聞いてみましょう!

 

 

【番外編】今、注目されている職場はどこ?

TOP3のほか、今、看護師が注目している職場を聞いてみました。
あなたの知らない興味深い職場が発見されるかも知れません!

1:治験|新薬開発に携わる治験コーディネーター(CRC)

看護師の一部で話題の治験コーディネーター(CRC)は医療機関派遣と医療機関で働く方法の2種類があります。
新薬を作成するために行う臨床試験に参加している被験者の心身のケアやサポート、健康状態を看るお仕事になります。
薬品会社や薬剤師、臨床検査技師など様々な方と関わることができます。

 

未経験でもOKと言ったところが多く、転職にそれほど不安を感じる必要はありません。
CRCに強い転職サイトなどもありますよ!

 

2:訪問(入浴)看護|単発OKでフリーな働き方を実現

最近は全国的に訪問看護事業が増えてきています。
自宅介護を行っている高齢者の家に足を運び、バイタルや体調の確認、入浴ができるかどうか判断するなどの看護を行います。

 

訪問入浴・看護は単発で入ることもできるサービス業です。
1件単位から仕事に勤務できたり、自宅から直接訪問するシステムもあります。

 

時給においては2,500円を超えるところもあり、割のいいバイトと言えるでしょう。
特に訪問入浴の場合は手伝うこともあるので、時給がアップします。
単発で高時給と、好条件の仕事なので転職活動中のバイトや子育て中のママ看護師にも人気です。

 

訪問系のサービスは福祉、看護、医療においてこれから伸びることが予想されています。
転職にも有利になることもありますので、経験を身につけておくのもオススメです。
>>地域包括ケア病棟のイメージと要件/厚生労働省http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000039380.pdf

 

3:ツアーナース|日本中・世界中が職場になる!?

ツアーナースは旅行に参加し、旅行者の体調管理や服薬管理、応急処置などを行うお仕事です。
お給料をもらいながら旅行にも行けるという嬉しい働き方です!

 

日帰りや1泊の短期から数ヶ月までの長期など、その期間はさまざま。
1回のツアー単位での勤務なので、単発でのお仕事で勤務ができます。

 

そのため、独身の看護師さんや子育てが終わった看護師さん、さらに常勤看護師さんの連休中の副業(ダブルワーク)でも勤務できるとかなり注目されていて話題となっています!
ただし、ツアーナースはハローワークなどでは見つかりにくい転職先です。
ツアーナースに興味のある方は、ぜひ単発求人に強い転職サイトに登録をしましょう!

 

4:産業(企業)看護師|アフター5ありの医務室勤務ができる都会的な職場

産業看護師は企業の中に入っている医務室の中で勤務をする看護師です。
大企業やビルなどで勤務しており、平日勤務になるのでとても人気があります。
主に保険会社の関連会社の医務室勤務や健康診断などの求人が多いです。
似たような職種に幼稚園・保育園勤務の看護師もあります。

 

アフター5あり、都会のオフィス勤務、平日勤務など、看護師憧れの好待遇で人気のある職種ですが、募集が少ないのが難点。
転職サイトを複数登録し、掛け持ちすることをオススメします。

 

看護師が今、転職したい人気求人ランキングまとめ

いかがでしたか??
あなたが働きたいと思ったお仕事は見つかりましたか?
最後にもう一度復習しておきましょう。

 

看護師が今、転職したい人気ランキングはこちら!
1位:クリニック・診療所
2位:一般病院
3位:有料老人ホーム・老健などの介護施設

 

1位のクリニック・診療所は全体的に夜勤もなく、総合病院などにくらべてまったり仕事ができる、働きやすいことなどが人気の理由でしたね。

 

2位の一般病院は中型の病院になるので、福利厚生や給料、職務などのバランスが良く、スキルが身につけられることも人気な理由の1つ。

 

そして意外な3位の介護施設は好待遇で高収入、さらにこれから身につけておきたい介護スキルや社会経験が身に付くことなどが挙げられます。

 

転職に関しては、その人の今までの経験や今後求めるものよって、どの職場が良いのかは一概に言えません。
そのため、転職先を探すのは非常に難しいことです。

 

そこで、「転職に失敗したくない」と思う方は、ぜひ転職サイトに登録することをオススメします。
あなたの経験や強みなどを客観的に判断して、あなたに合った職場を提供してくれますよ!
看護師転職のトップページ